HOME > 懐かしさと新しさ

ずっと愛され続けるパンケーキ

懐かしさと新しさ

ある時突然、急にあれが食べたいと思う食べ物はないでしょうか。寝る前の少し小腹が空いたときや、テレビを見ていて特集やコマーシャルで流れた映像が不意に目に入ってしまったとき、頭の中がその食べ物のことでいっぱいになることがあるはずです。

多くの人から幅広い人気を得ている食べ物の一つにパンケーキがあります。誰もが一度は食べたことがあるスイーツでしょう。子供の頃に自分で作ったり親に焼いてもらったり、大人になってから近くのカフェに立ち寄って注文したり、パンケーキと触れ合う機会は誰にとっても比較的多いものではないでしょうか。甘くも重たくもなく、パンというには豪勢なパンケーキは、人の記憶に非常に残りやすいスイーツで、一度食べたら忘れられないものでしょう。

パンケーキの専門店ができれば必ずと言っていいほど人気店となりますが、リピート率が高いのは記憶に残りやすい食べ物であるということも一つの理由なのかもしれません。そのような素敵なスイーツがテレビに出ていたとすれば、意識が全てそちらに向いてしまうのも仕方がありません。少し空腹感を覚える状況で頭に浮かびやすいのは、記憶に残りやすいものであるのも当然なのです。

例えば夜中に突然パンケーキが食べたくなってしまったら、思い切ってキッチンに立つか、夜が明けるのを待ってカフェに行くかという解決方法しかありません。カフェで食べるパンケーキであれば、まずはずれはなく、どれを注文しようとも美しく美味しいスイーツが提供されるでしょう。また、その時々によって気分は移り変わるものなので、前の晩に無性に甘いものが食べたいと思っていても、実際にカフェでオーダーをする時点では塩気のあるものが食べたくなっていることがあるかもしれません。そんな時でもカフェや専門店であれば、フード系のパンケーキを頼むことができるので、どちらでも好きな方を選べます。

それでもどうしても耐え切れそうにないとき、夜中にパンケーキを焼くことはやむを得ない事態となります。それほどまでして食べたいと思わせるものがパンケーキには確かにあるのです。焼き上がりは昔食べたパンケーキと比べてどうでしょうか。記憶に残っている通りの、昔ながらの味わいを楽しめるはずです。

現代風のカフェで食べても、昔を思い出しながら自宅で作っても、そのどちらであっても奥深く味わうことができます。急に食べたくなった時には、今自宅で焼いて食べるか、明日カフェで食べるかの選択をするところから始めて楽しみましょう。