HOME > 子供と大人

ずっと愛され続けるパンケーキ

子供と大人

子供の頃に食べたおやつの定番といえば何でしょうか。子供の頃に食べるスイーツの数々は、誰がどこで作ってくれたものでしょうか。子供にとっておやつとは、毎日食べている食事とはまた別の楽しい時間です。甘いおやつを目の前にしてわくわくした覚えのある人もいるでしょう。今日はどんなおやつが出てくるだろうかと期待して、学校から帰るのが楽しみだった子供時代の記憶を大切にしている人もいるかもしれません。

大人になってから食べる甘いものは、いつでもどこでも自分の気分に合わせて好きに選択することができます。しかし手持ちのお金も少なく何かと制限の多かった子供時代のおやつといえば、自分の家へ帰り、親が用意してくれるものがほとんどだったのではないでしょうか。小さな子供が一人、街中のカフェで三時のおやつを楽しんでいる光景はなかなか見かけるものではありません。子供にとっては自宅で親から与えられるおやつが極上のスイーツであり、選択権が無いことにたいした疑問を抱くこともなかったでしょう。

しかし自動的に親がおやつを用意してくれるのは子供のうちだけです。きちんと自立し、自分でお金を稼ぐようになった大人にとっては、おやつを提供してくれる親がいない代わりに自分で好きなスイーツを選ぶことができます。子供だった昔はなかなか食べられなかったスイーツを、自分のお金を使って好きなだけ注文することができるようになるでしょう。自分自身でお菓子を作るのが楽しいという人もいますが、大人の多くは仕事帰りや自宅の近くにあるカフェなどで好きなスイーツを注文します。カフェで注文できるメニューも今では豊富にあるはずです。その中でも人気のスイーツといえばパンケーキを真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。

子供の頃に食べたおやつの中にも、母親が焼いてくれたパンケーキはあったかもしれません。大人になってカフェで食べている今と、子供の頃に母親に作ってもらっていた昔とでは、その味わいに大きな差はあるでしょうか。おそらく今食べているパンケーキは、見た目も美しく味も申し分ない程に極上の風味を誇っているはずです。しかしカフェで食べている最中、もしかすると昔家で食べたパンケーキを思い出すという人もいるかもしれません。シンプルなメニューであるからこそ、その作り方の基本的なところはなかなか変えようがありません。使っている生地の材料についても、産地等にこだわるという細かい違いはあったとしても、そう大きな変化を遂げることは稀でしょう。

現代風のおしゃれなスイーツでありながら、昔の光景を思い起こすこともできるスイーツは、パンケーキをおいて他にないのです。