HOME > 人気存続の理由

ずっと愛され続けるパンケーキ

人気存続の理由

世の中の流行は時代とともに変わるものです。個人個人の中にある楽しみや考え方を見ただけでも、ほんの数年間で様々な変遷をたどっていることに気付くでしょう。一人の人間が子供から大人になるにつれて、その人個人の基本的な観念は少しずつ変化していきます。昔は分からなかったことが今は分かるようになっていたり、昔はこうだと頑なに思っていた物事を今は考え直すようになっていたりするはずです。一人の人間を対象に見ただけでも、時間の経過とともにあらゆる変化がうかがえるのです。

そんな変化の流れを一つの社会全体に当てはめて考えようとすれば、いくつもの流行の盛衰が面白い程に見てとれるでしょう。例えば女性のファッションを考えてみると、昔の様相と今の様相とでは全くスタイルが異なっていることが分かります。バブル期には誰もがつけていた肩パットを、もしも今の時代につけたとしたら笑われてしまうかもしれません。短いスカートが時代の最先端だった頃は終わり、最近では長い丈のものやパンツスタイルが人気となっています。昔のファッション誌と今のファッション誌の一部を切り抜き、それぞれを隣同士に並べてみれば大きな差異が生まれていることが一目瞭然であるはずです。

その時代その時代によって流行は著しく変化していくものですが、今のトレンドを楽しめてこそ時代を生きていると言えるのかもしれません。流行というものが生まれる対象は、もちろんこういった装いに関するものばかりではありません。流行をいち早く取り入れることが得意な女性の視線で見てみると、スイーツ業界のあり方も時代の流れに大きく左右されていることが分かるでしょう。ですがそんな中、今も昔も変わらず人々から愛されている馴染みのスイーツが存在しています。海外から入ってきたものは特に数年間で飽きられてしまう傾向が強いのですが、パンケーキというスイーツだけは昔からずっと日本にあり続けているのです。

ここ数年で大々的なブームとなっているパンケーキは、昔から誰にとっても食べやすいおやつとして人気を誇っていました。優しい味わいや素朴な食感は今も昔も変わりません。しかしスイーツとしての存続をはかるうえでは、やはりパンケーキも時代と共に変化を遂げてきました。昔はバターとシロップがかかっていればそれだけで高級なおやつだったはずです。しかし今はバターやシロップに限らず、色とりどりのフルーツやチョコレートや有機果実のジャムなどをふんだんに使用しています。パンケーキはその時々に見合った変化が出来るからこそ、昔も今も絶対的な人気をキープできると言えるのでしょう。